<   2015年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

e0222766_23480308.jpg


近頃、外食する機会がめっきり増えた。
もともと食べることが好きなことも禍いし、ついつい連日食べ過ぎる。胃が重い。。。

そこで、以前からずっとやってみたかった断食を3日間試した。

断食といっても水のみの本気の断食ではなく、初心者が安全に始められる飲料水での断食だ。

とにかくがぶがぶと飲み物ばかりを摂取するため、空腹感はまるでない。液体だけでも普通に生活を送れるのが不思議だった。

が、異変は初日の夜に訪れた。
好転反応というものがあるらしい。改善される前、悪いものが出でてくるので調子が悪くなるというやつだ。

まさにそれで、酷い嘔吐にはじまり頭痛、翌日には下痢…とまるでこの世の不幸の詰め合わせのような状態になった。
気分は当然グロッキー。
薬はもちろん飲んではいけない。

マズイ、このまま死ぬかもしれん…という時期が2日半続いたのち、徐々に回復の兆しを感じ、そして驚きの4日目の朝を迎えた。

信じられないくらい身体が軽い。
すこぶる調子がいい!
ここ数年経験したことのないような体調だった。

そして断食翌日のお粥には涙した…。
冗談ではなく、本当にこんなに美味しいものがあるのかと感動すらしてしまった。

断食してから味覚が戻ったのか、何もかも素材の味がよくわかる。
麦茶なんぞ、麦の芳ばしい香から味わいから、何度もがぶ飲みした。

なにより断食明けは仕事がはかどる。
頭がクリアになる。

そして食事について、食べ物について考えた。
戦後、食べるものに困っていた時代。
きっと今では考えられないくらいに大切に食事を摂ってきたのだろう。

飽食の今、ひとつひとつの食事を、資源を無駄にすることなく食していかなければとしみじみと思った。

そしてこう言いたい。
何かに悩んだり、行き詰まったり、もやもやした時は断食しろ!

悩んだりできるのは、豊かな証拠なんだと思う。
食べられなくなった時、人は悩まない。
食べることしか考えない…!















[PR]
by michiko-kk | 2015-07-03 23:23