ぼくのエリ 200歳の少女

先日、映画「ぼくのエリ 200歳の少女」を観ました。

私がセレクトした映画ではなかったのですが、
久しぶりにいい映画をみたな、というのが率直な感想です。

舞台はスウェーデン・ストックホルム。

いじめられっこの少年オスカーと、ヴァンパイアの少女エリとの
切なくも残酷な物語。


e0222766_215135.jpg


物語は、いじめられっこのオスカーのアパートの隣に、少女らしきおよそ12歳の
少女エリと父親らしき中年男が引っ越してくる。

そしてこの二人が街に来てからというもの、街には謎の連続殺人事件が起きる・・・。


これ、残酷な純愛ストーリーでした。

まず、エリはヴァンパイアなので「少女」ではないです。
人間とバンパイアは根本的に違う。
そこで男女の区別をつけてしまうのは、やはり人間の考え方なのですね。

中年男はエリのために殺人を犯し血を集め続ける。
中年男は12歳のオスカーに嫉妬し「彼(オスカー)とはもう会わないでくれ」と哀願する。

オスカーはエリを少女でなくても一緒にいたいと覚悟する。
12歳という、子供でも大人でもない不安定な年齢に、彼は「覚悟」をする。

そして残酷さ。
ヴァンパイアだから・・・とかではなく、自分(オスカー)のために誰彼かまわず
消し去るエリを、怯えることなく、むしろ心からの笑みで幸福感を感じる。

怖いのは純粋さ、なのかもしれません。

そして、あの中年男は未来の自分。
そこに気が付いているのかいないのか。
繰り返されるのですよ、何百年も。
数十年後に、昔みた中年男と同じ気持ちを、今度はオスカーが味わうのです。
そこが一番怖い。

でもね、決してホラーではありません。
透明感溢れる、美しい映像。
洋服も、家具も
色使いもとても素敵でした。

そうそう、ちょうどこの映画を観た前日に「カストラート」を観たのですが。
e0222766_21203956.jpg


ひょっとしたらエリの種族はカストラートみたいなものなのかな?と。
男でも女でもない、「カストラート(=去勢された)」。
そこは単なる想像ですが。

そして、ヴァンパイアは「入ってもいい?」と訪ね、相手が「入ってもいいですよ」
と答えなければ中に入れないらしいです。
あんだけ好き勝手に根こそぎ血を吸う「吸血鬼」なのに、そんなところはちょっとかわいいです。

せっかくなので、後日は「カストラート」について。

★★★★★★★★★★★★★

H.Pもご覧ください!
michiko-kamee.com

★★★★★★★★★★★★★
[PR]
by michiko-kk | 2011-08-16 21:27 | 映画/film