<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

先日、前から行きたかった場所へ連れて行ってもらいました。

京都・祇園四条にある「フランソワ喫茶室」です。
e0222766_21475556.jpg


この外観、街灯、ステンドグラス。
クラシックな雰囲気、たまりません!
なんせ、喫茶室!!!ですから。

ここは昭和9年から続く喫茶室で、イタリアバロック様式だそう。
激動の時代を生き抜いてきたフランソワ。
国の軍事主義に反発し、社会主義を啓蒙する場所として提供したフランソワ。
フランソワなのに、イタリアバロック。
反骨精神を感じます。

e0222766_21582930.jpg


さて、どうしても行きたかった理由の一つに喫茶内に飾られた絵画があります。

ジャン=コクトー。肉筆の手紙・・・?!
e0222766_21525056.jpg


こんなものが、普通に壁に飾られているあたり、すごさを感じます。

そして、藤田嗣治も!
私、フジタ好きなんです。
いかにも!というアイキャッチの高い風貌、猫、陶磁器のような乳白色の女、エコール・ド・パリ。
「異邦人の生涯」。。。日本人でありながらのフランス人。
藤田嗣治という画家には、成功と、憧れ、そしてやりきれなさ、葛藤を感じます。
そして、日本人としての強い想い。
外にでて、初めて感じる想いってあるのです。

ああ、ここにフジタがいたのねぇと思い過ごしの感傷に浸っていると、
友人よりサプライズギフトを頂きました!アリガト!!

藤田の「猫の本」!!
e0222766_22105298.jpg


ビックリです!
まさかのタイミングにまさかの場所で、驚きの嬉しさです。
まじまじとみると、本当に生き生きとした愛くるしい猫が満載。

あゝ、もう人生ってなんて素晴らしいんでしょうね。


★★★★★★★★★★★★★

H.Pもご覧ください!
michiko-kamee.com

★★★★★★★★★★★★★
[PR]
by michiko-kk | 2012-01-28 22:21 | 旅/travel
この世界は、目に見えるものと、みえないもの、この二つで構成されています。

なにをみるか、どこを信じるか、どの媒体が本物か。
今生きている世界は現実なのか。
もう、マトリックスです。

さて、私はコドモの頃からサブ・カルチャーのような胡散くさい本に弱く、
大人になった今でも現実と虚構の境目をいつまでもうろうろしています。

先日見つけた本「秘密の動物誌」。
e0222766_2265036.jpg


「世界各地に生息する珍獣・幻獣を多数採取し、膨大な観察記録を残したのち謎の失踪を遂げた動物学者、ペーター・アーマイゼンハウフェン博士の資料が発見された」と銘打ち数々の常識ではありえない生物(翼の生えたライオン・空を飛ぶゾウなど)の生態写真や解剖図などを紹介。
(wikipediaより抜粋)

これがすごい。
すごい生き物が満載なのです。

こんなのとか。
e0222766_2301017.gif



これをフィクションととるか、はたまた自分が知らないだけで、世界のどこかに生息していると
とるかは各々の判断に任せるとしますが・・・。

今でも私は曖昧な場所で後者の説を支持していたりします。
だって、私が知らないだけでそこに生息してるものって、絶対あるんだもの!

この本、本当に興奮します。






★★★★★★★★★★★★★

H.Pもご覧ください!
michiko-kamee.com

★★★★★★★★★★★★★
[PR]
by michiko-kk | 2012-01-25 02:35
哀愁のある、少しさびしい匂いのするものは、時として懐かしさと
どこかしら温かな温度を感じます。

錆びたホーロー、銅色のカトラリー、朽ちた鳥かご、etc...

e0222766_1285956.jpg



それらの共通するものは、鈍い輝き。

e0222766_1301295.jpg



きらびやかに輝く金彩の光は、目も眩むような別世界へといざないますが、
古めかしさ漂う鈍い光は、ノスタルジックな気分にさせてくれるものです。

たまには、こんなゆっくりとした時間を過ごして、過去に想いを馳せるのも贅沢な時間。

人に歴史あり。
時間とともに剥がれ落ちる金メッキではなく、鈍い輝きを放ち続けるようにありたいものです。








★★★★★★★★★★★★★

H.Pもご覧ください!
michiko-kamee.com

★★★★★★★★★★★★★
[PR]
by michiko-kk | 2012-01-24 01:34
高校時代の友人と新年会をしました。

新年会の目玉?は「ガレットデロワ」(galette des rois)
e0222766_1401680.jpg


ガレット・デ・ロワとは、王冠の乗ったパイの中にフェーブと呼ばれる小さな陶器の
ミニチュアがひとつだけ入っています。
1月6日にパイを切り分け、そのフェーヴが当たった人は王冠を被り、祝福を受け、
幸運が1年間継続するといわれています。

本日の新年会の参加者は5名。
確率は5分の1。
パイを切り分け、公平をきすために(切り口のチラ見防止!)電気は消す。
じゃんけんで順番にパイをお皿にのせー・・・。

さあ!
who is the king?!



やったーーーーーー!!!!I'm Queen!!!
私、フェーブひきあてました!

電車のフェーブがのぞいてる!
e0222766_1412283.jpg


フランスの風習のガレットデロワですが、今は日本のパン屋さんやケーキ屋さんでも
置いてあります。
そして、想像以上に盛り上がるものです!
日本のおみくじ(運試し?)と似ていますよねー。

そんなわけで、どうやら幸先のよいスタートをきりました。
やっぱり初詣には行っておくものですな。





★★★★★★★★★★★★★

H.Pもご覧ください!
michiko-kamee.com

★★★★★★★★★★★★★
[PR]
by michiko-kk | 2012-01-10 02:05 | 食/food
あけましておめでとうございます。

e0222766_15574639.jpg


本年もよろしくお願い致します。
2012 一月吉日

MICHIKO KAMEE


今日は幼馴染と初詣でに行ってきました。
昨年のお守りとお札を返して、絵馬を書いて。
年々、信心深くなるなあ。


さて、今年の抱負は?

私、そんなものはありません。
だって、毎年抱負をたてたって一週間もたてば忘れてしまうんですもの。

私の抱負は、一生の抱負。
「日々精進」。

これに尽きます!


あとちょっとお正月気分をひきずりながら、また精進~。








★★★★★★★★★★★★★

H.Pもご覧ください!
michiko-kamee.com

★★★★★★★★★★★★★
[PR]
by michiko-kk | 2012-01-03 16:15