<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今回展示をさせて頂いた、「三本松」さんです。

e0222766_2224576.jpg


まるで江戸時代を彷彿させるような風情ある門構え。
宿場町・浦和を思わせる通りでした。

e0222766_223032100.jpg


11月下旬の穏やかな秋晴れの続く毎日でした。
e0222766_22353129.jpg



情報を掲載していただいた新聞社各社、お菓子やお花を持ってきてくれた友人・知人、
仕事の合間に京都よりご来場されたお客様。
そしてご来場されたすべての方にこの場をお借りしてお礼申し上げます。

次回、またどこかで皆様とお会いできますように!

Thank you for coming.
I have no words to express my gratitude.
I was very happy and spent lovely time !
See you again !

MICHIKO KAMEE


★★★★★★★★★★★★★

H.Pもご覧ください!
michiko-kamee.com

★★★★★★★★★★★★★
[PR]
by michiko-kk | 2011-11-30 22:42 | 仕事/work
本日より「百色眼鏡」展、はじまりました。

天気がよくて暖かい一日で、はじまりは上々。

さてさて、今回初めて赤絵を展示してみました。
e0222766_22104459.jpg


紙のように薄く、まっしろな美しい磁器土です。
ひいてくれた友人A氏、感謝!

赤だけで描く「赤絵」。そこにほんの少しだけ本金がはいってます。
e0222766_2212315.jpg

細い線でレースのような模様を描くのは楽しい!

是非ぜひ実物をみて、手に取ってご覧になってください。

そうそう、展示期間が少し伸びて12月8日まで開催されます。
11月は忙しいそこのアナタ!
まだまだ間に合っちゃいますよ~。

お待ちしてます!!!!

★★★★★★★★★★★★★

H.Pもご覧ください!
michiko-kamee.com

★★★★★★★★★★★★★
[PR]
by michiko-kk | 2011-11-21 22:15 | 仕事/work
いよいよ明日から展示会がはじまります。
e0222766_2325781.jpg

Michiko Kamee expo [百色眼鏡]デス!

今回は、ちょっと生活が豊かになるような、ほんのちょこっとだけ
贅沢な気分が味わえるような、でもちゃんと長~く大事に使っていきたいような。

そんな器をつくりました。

ひさしぶりに赤絵も描いたのですが、すごく楽しくてびっくり!
これは発見でした。

昔はキライだった赤絵。
でも、それは型にハマったやり方に不満を抱いていたかな。
好きなように描けること、それは至上の幸福です。

どうでもいいけど、「至上の幸福」って好きな言葉です。
seventh heaven。
直訳すると、七番目の天国。
天国は七つの層になっていて、その一番上が7番目にあたるってことらしいのですが。

seventh heavenって聞くと、なんだか形式的な感じがするけど、
至上の幸福って、この上なく幸せで柔らかい感じです。
日本語はかっこいい!


さてさて、明日から10日間の幸福ですが、毎日がセヴンス・ヘブンになりますように★

photo: narumi katashima

★★★★★★★★★★★★★

H.Pもご覧ください!
michiko-kamee.com

★★★★★★★★★★★★★
[PR]
by michiko-kk | 2011-11-20 23:14 | 仕事/work
個展告知です。


Michiko Kamee Exibition 色絵金彩 ~絵付け展~
”百色眼鏡(ひゃくいろめがね)”/-Le kaléidoscope-

2011年 11月21日(月)~11月30日(水)【27日 定休】

三本松 浦和仲町店・2Fギャラリー
さいたま市浦和区仲町2-13-14
TEL:048‐825‐0527


Je fais une exposition au Japon.
title:"-Le kaléidoscope"
le 21 - 30 novembre 2011
SANBONMATSU 2étage galerie.


e0222766_18361993.png


【ごあいさつ】
すべて手作業・本金での繊細な絵付けによる色絵金彩展です。
「百色眼鏡」とはかつての万華鏡の呼び名。百色(ひゃくいろ)という名のとおり、
刻々と変化する色の破片を無限に組み合わせた装飾世界をご堪能ください。

今回は工芸としての器に重点をおいております。
観るため、ではなく、使うため。
日常に使用されるために生まれた「器」が、装飾性を帯びていく。
そこには使う度に日常を豊かに彩る「美しさ」があります。

彩りの秋より、かすかに冬の匂いを感じられる11月の下旬。

お時間があるかたは是非、お越しください。




DM制作:ニビットデザイン
photo:片島なるみ

★★★★★★★★★★★★★

H.Pもご覧ください!
michiko-kamee.com

★★★★★★★★★★★★★
[PR]