カテゴリ:音楽/music( 1 )

音楽のない生活は考えられない。

私の生活には、いつも音楽がありました。

通学、通勤、どこの国でも、電車から外を見ながら毎日イヤホンから流れる音と
窓から見上げる空がありました。

私の貴重な高校時代はUKロックで費やしてしまいました。


私は雑食性。
気分に合わせてなんでも聴きます。
気に入らなくても、とりあえず味見。

ロック、ジャズ、テクノ、ハウス、クラシック、フレンチ・・・・。

でも、季節によって聴きたくなる音楽が。
私が夏に聴きたくなるアーティストを勝手に書き出します。

かんかん照りの暑い夏はキューバの「ブエノ・ビスタ・ソシアルクラブ」!
ピアニのルーベン・ゴンザレスがとにかくかっこいい!
e0222766_22185093.jpg

そういえば、去年の父の日にコレを贈ったのですが・・・
おとうさーん、聴いてますー?

とにかくパーーーーーっとしたいときは、無難にアンダーワールドにしましょうか。
頭もからっぽになります。

気だるい夏の夕方は・・・ソニック・ユースとポーティスヘッド。
e0222766_22223877.jpg

弱弱しい風がでてきた夕暮れ、ヒグラシの声をききながら、お酒でも飲んで
だらっと足を投げ出して。
ポーティス・ヘッドのべスの声と、どこかアンニュイな楽曲が最高!!


でもでも、本当に気が付くとそこにあるのは・・・。
坂本龍一です。
とにかく大好き!!!!の一言。

何年も前から「ryuichi sakamoto + Alva Noto」は仕事中のお伴です。
繊細なピアノの音と、Alvaのエレクトロがこの上なく気持ちいい。



夏は涼しく、冬は暖かく・・・そんな感じがするのはワタクシだけ?
聴くたびにいろいろな音に気が付きます。
そうねえ、夏の終わりの、秋の始めの夜に最適かな。

前作のOUT OF NOISEも本当によかった。
少しでもバランスが崩れると、成り立たない曲も、自然の音も、とにかく
どこかへ連れて行かれるような、身体が浮くような。

・・・ああ、この話は長くなるのでまた今度。


よくよく考えていくと私の根本は、少し「影がある音」なのかも。
セイント・エティエンヌしかり、ポーティスヘッド、ニルヴァーナ・・・。
底抜けに明るい、ポップ!というよりも、どこかもの悲しい、でも微妙な和音で。

ドビュッシーやエリック・サティが好きだったからなのかも。

美術同様、音楽も繋がっているのが不思議なところです。


さてさて。ちょっとうれしい自慢を。
秋の坂本龍一、ヨーロッパツアー!
思い起こせば・・・・少し前にスペイン・アルハンブラについて書きましたが、
実はあれ、坂本龍一のPlaying the Pianoを観に行くのがメインでして・・・。

今回もチケット入手!!!!!!!デス!!!!
友人のみよちゃん、がんばってくれてどうもありがとう。
おばちゃん、涙がでるほどうれしいよ~。
e0222766_22445187.jpg


はあああ~。かっこいい。







★★★★★★★★★★★★★

H.Pもご覧ください!
michiko-kamee.com

★★★★★★★★★★★★★
[PR]
by michiko-kk | 2011-08-15 22:48 | 音楽/music